炭酸水

アンチエイジングにも便秘にも効果的なホットバナナ

ある統計によると、日本人に最も食べられている果物はバナナであり、9年間連続で果物ランキングの1位になっているそうです。
海外ではバナナを主食として食べている民俗もいますし、手で皮をむいて手軽に食べることのできるバナナは、日本人にとっても身近な存在です。

そのバナナには美容や健康のために有効な成分が豊富に含まれているということをご存知でしょうか?
たとえば、食物繊維には腸の蠕動活動を活発化させて老廃物を体外に排出をさせる働きをおこなうため、便秘を解消させる効果がありますし、ビフィズス菌のエサであるオリゴ糖も豊富に含まれているため、腸内活動を活発にさせて新陳代謝を上げる効果も期待できます。

また、バナナにはビタミンCやビタミンB群などのビタミン類も豊富に含まれており、ビタミンCには日焼けやシミを防いで肌を白くする効果や、コラーゲンの生成を手助けして肌にハリや弾力を出す効果がありますし、ビタミンBには、紫外線でダメージを受けた組織を修復したり、皮膚の抵抗力を強めたりする効果があります。

また、抗酸化作用のある成分として知られているポリフェノールや、水分の代謝や利尿作用をおこなうカリウムなども含まれているため、肌だけではなく、体全体のアンチエイジングにも効果があると言われています。
しかし、バナナは、暖かい地域で育つことのできる果物であるため、体を冷やすという性質があります。

体が冷えると、血液の循環が悪くなって、腸の活動を鈍くさせるため、新陳代謝が下がって、体のあらゆる機能を低下させます。
また、バナナには、温めることで抗酸化作用を高めたり、甘みが増加をしたりする性質もあるため、バナナを温めて食べることで、体を冷やすことなく、バナナの持つ効果をより実感することができるのです。
では、ホットバナナはどのように作れば良いのでしょうか?

まず、皮がついたままのバナナをアルミホイルに包みます。それを、オーブントースターに入れて10分ほど加熱をすれば出来上がりです。本当に簡単ですよね?
ホットバナナは、バナナを焼くだけのシンプルな料理なので、さまざまなアレンジを加えることが可能です。
お好みで、シナモン、ハチミツ、チョコレート、などをかけたり、生クリームを添えたりして食べても美味しいですよ。

Copyright(C) 2013 美容には欠かせない事 All Rights Reserved.