炭酸水

アンチエイジングに効く呼吸法

皆さんは自分が普段どのような呼吸方法をおこなっているのかを知っていますか?
呼吸は意識をしないで日常的におこなわれている行為なので、ほとんどの人は考えたこともないと思います。
まず、ベッドの上に横になってリラックスをする姿勢をとって下さい。

そして、数分間自分の呼吸を感じて下さい。
あなたは、呼吸をする時はお腹が動いていますか?それとも、肩が動いていますか?
息を吸う時はお腹がへこんでいますか?それとも、膨らんでいますか?

アンチエイジング効果のある呼吸方法にはさまざまな種類があり、「◯◯式呼吸法」「◯◯流呼吸法」などの名前がついているものがありますが、どの呼吸方法も変わらないことがひとつあります。
それは、息を深く吸い込んで呼吸をおこなうと言うことです。
そして、肩が動いている呼吸は浅い呼吸で、お腹が動いている呼吸が深い呼吸になります。

深く息をすることに、何故アンチエイジング効果があるのかと言うと、深く息をして全身の細胞に酸素を行き渡らせることで、細胞が活性化をして、基礎代謝や新陳代謝を上げることができるからです。
基礎代謝や新陳代謝が上がると、細胞が新しく生まれ変わるためのサイクルが正常になるため、老化をしずづらい体になるのです。
また、深く息をすることは、副交感神経を刺激して、リラックスをしたり、集中力を高めたりすることができますし、スッキリとした爽やかな気分になることもできるのです。
では、具体的にはどのような呼吸方法が良いのかを簡単に説明しましょう。

1. 指の先まで酸素を行き渡らせるイメージで、鼻から「スー」と空気を吸い込みます。
※ 空気を吸い込む時は、お腹がへこんでいるのではなく、膨らませていることが重要です。
胸が持ち上がる状態ではなく、胸が自然と開くような状態になるように空気を吸い込みましょう。

2. ため息をつくように口から「ふ〜」とゆっくり息をはきます。
※ 全身がしぼんで、スーっと空気が抜けて行くような感覚になります。
正しい呼吸方法をおこなうことができると、指先がしびれるような感覚があったりしますが、それは、全身の細胞に十分な酸素が行き渡って、細胞が喜んでいる証拠です。
日常的に呼吸方法を意識して、心身ともにアンチエイジングを成功させましょう。

Copyright(C) 2013 美容には欠かせない事 All Rights Reserved.