炭酸水

アンチエイジングなメイク法

女性にとって最も身近なアンチエイジング方法はメイクかもしれません。
メイクは、女性を可愛く演出することも、格好良く演出をできますが、実は若々しく演出をすることもできるのです。
それでは、女性を若々しく演出をするためのアンチエイジングメイク法をご紹介したいと思います。

■ ベースメイク
アンチエイジングメイクをするうえで最も重要になるのがベースメイクです。
しっかりとした土台を作ることができなければ、上に重ねるポイントメイクにも悪い影響を与えてしまいます。
1. 肌よりワントーン明るいコンシーラーを、まぶたの内側、目尻の下に、小鼻、下唇の両わきなどに、点置きをして、叩き込むように肌に広げます。
2. 肌よりワントーン明るい色と、ワントーン暗い色のリキッドファンデーションを用意して、外側(眉尻から頬骨辺り)に暗い色を、内側に明るい色のファンデーションを点置きして、叩き込むように肌に広げます。
3. フェイスパウダーを肌にのせて、軽く押さえてから、フェイスブラシで余分な粉を落とします。
※ ベースメイクをするうえで重要なことは、決して厚塗りをしないことです。
気になる部分を隠すために、ついつい厚く塗ってしまう人も多いようですが、厚塗りをすると、かえってシワやほうれい線を目立たさせてしまいます。

■ 眉毛メイク
黄色味のある明るめのブラウン色がお勧めです。
ポイントは、長さは少し短めに、太さはすこし太めにすることです。
頂点は上げ過ぎずに、眉尻は眉頭よりも下げないことも重要です。
眉尻を下げ過ぎると老けた印象になります。

■ アイメイク
1. ジェルライナーでまつ毛の隙間を埋めるようにして全体にラインを書きます。
2. 赤みのある淡いブラウン色と、濃いめのブラウン色のアイシャドウを用意して、淡いブラウンをまぶた全体に、濃いめのブラウンは、目のきわの部分に細く置いて、目尻から円を描くようにぼかしを入れます。
3. 黒のアイライナーを1の上に重ねて、目力を加えます。
4. 白のアイシャドウを下まぶたの目尻から中央にかけて入れて、ハイライト効果を出します。
5. ビューラーでまつ毛をカールさせてから、上に持ち上げるようにして、1本1本丁寧にマスカラをのせていきます。

■ チーク
チークの色は、赤過ぎない自然なオレンジ色がお勧めです。
ブラシで頬骨の下辺りにやさしくのせて、立体感を出すためにブロンズ系のチークを頬の外側にのせましょう。

■ リップメイク
1. ベージュ系のペンシルで唇よりも大きめにラインを引きます。
この時に、外側をぼかすことを忘れずにおこなって下さい。
2. 派手すぎない淡いピンク系の口紅をリップブラシを使って、1のラインを目印に塗り込みます。
3. 最後に、透明のリップグロス中央にのせたら終了です。
初めは難しく感じるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。
アンチエイジングなメイク法をマスターして、若々しい笑顔を取り戻しましょう。

Copyright(C) 2013 美容には欠かせない事 All Rights Reserved.