炭酸水

アンチエイジングと睡眠の関係

アンチエイジングをするために、睡眠を取ることが重要http://www.ramadamissionvalley.com/nitijyouseikatu.htmlだということは、ほとんどの人が知っていますよね?
ある研究では、睡眠時間が長い人ほど寿命が長くなるという研究データが出ていますし、睡眠時間が短い人ほど肥満になりやすいという研究データも出ていると言います。
これらの研究からも、睡眠を取ることが、健康な体を作るために大切だということがよくわかりますが、なぜ、睡眠を取ることが、アンチエイジングをすることと関係をしているのでしょうか?

人間は、睡眠中に「成長ホルモン」と「メラトニン」という2つのホルモンを分泌しており、この2つのホルモンとアンチエイジングには、深い関わりがあると言われています。
肌を美しくするためには、22時〜2時まで間に睡眠を取ることが重要だという話をよく耳にしますが、この時間帯に多く分泌をされているのが成長ホルモンになります。
成長ホルモンには、子供の身長を伸ばすなどの作用があるため、成長期の子供にのみ分泌をされるホルモンだと思われがちですが、成長ホルモンは、成人をした大人の体にとっても、重要な働きをおこなっています。

人間の体は、約60兆個もの細胞から構成をされており、傷ついたり古くなったりした細胞は消滅をして、新しい細胞に生まれ変わるというサイクルを常に繰り返しています。
しかし、年齢と共に、このサイクルが乱れ始めると、それが老化へとつながってしまうのです。
成長ホルモンには、傷ついた細胞を修復する働きや、新陳代謝を促して細胞が新しく生まれ変わることを手助けする働きがあるため、老化の促進を防止する効果が期待できますし、肌のハリや弾力を支えているコラーゲン、エアルチン、ヒアルロン酸などを構成する繊維芽細胞を増殖させる働きがあるため、肌を美しく保つ効果も期待することができます。
また、メラトニンには、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用や新陳代謝を促す作用、睡眠を誘う作用などがあります。
光を浴びることで、メラトニンを分泌させるタイマーにスイッチが入り、14?16時間後に眠気がくるようになっているため、深く質の良い睡眠を取るためには、朝日を十分に浴びることや、朝晩の明るさに変化をつけて、寝る前に、パソコンや携帯などの光を浴びないことも大切になります。

Copyright(C) 2013 美容には欠かせない事 All Rights Reserved.